恭平の独り言。

更新止まってましたね。

まぁ、見てる人はあんま居ないと思いますが。
一応日記みたいなもんだし、誰も見てなくてもここに愚痴はいたりしたいんで更新します。
仕事のシフト変わりました。一寸は楽になるんではないでしょうか・・・微妙ですがorzんーで、最初渡されたシフトを見て、やったGv出れる(゚∀゚)とかはりきってたわけですが・・・現実とは決して甘いものではなく・・・。2~3日経ったころに電話が来まして、『ごめん、やっぱそのシフト無理かもしれん、またおって連絡する(;´Д`)』とか言われる始末。僕は当然「ぇ?(・∀・)?」って感じでした。そして、再度連絡が来たとき、僕は砕け散りますた。うはwwwwwwwおkkkwwwwwwwwって感じ。まぁ、Gv絶望的っちゅーかなんちゅーか。さ・い・あ・く☆(死
シフト変更があった後、何故か再度お偉いさん(オーナーっぽいの)から連絡がありました。『一寸正装っぽい服で来てくれ。』と。僕昇進!?とか思ってわくわくして行ったんですが、ぜんぜん用件違いました。部屋に入ると、オーナーっぽい人ともう一人黒服の初老のかっちょいいおじ様が居ました。やべ、白髪やん・・・めっちゃかっこええわぁ・・・僕もあんなんなりたいー(*´д`*)とか思ってるとおじ様が、いろいろと質問してきました。歳はいくつだとか趣味とか学歴とか。そのおじ様すごい威圧感があって取り調べされてるみたいな気分でした。そこで、ッハ・・・もしやそちら側の人間か!とか思い僕そこまで悪いことしてへんしなぁ・・・などと過去を振り返ってしまいました・・。後々わかったことですが、そのおじ様はオーナーより↑の重役の方でした(;´д`)
で、肝心の用件ですが・・・。見合い話でした。はぁ、見合いですか。誰がするんですか?みたいな。誰かいいやつを紹介してくれとかそんなんかなぁ・・・めんどくさいなぁ・・・。とか思ってたら、見合いするんはとか言い始めるおじ様。呆気にとられましたよ。僕まだ18なんですけど・・・。とか反論してみたんですが、大丈夫、数年は花婿としての修行(うろおぼえです)みたいなのあるから、とか言いながら一向に退くことを知らないおじ様・・・。ちょ、まて、僕の気持ちはどうなるんですか!って言ったら一回静まりました(´д`;)久しぶりにめっちゃ必死に訴えた・・・。
けど、時間を置くとまたヒートアップするおじ様・・・詳しい話は聞けませんでしたが、どっかいいとこのお嬢様らすぃ・・・。お嬢様いうても今大学4年でなんとかこうとか・・・仕事を一度見に来たことがあるそうで・・・そのときに気に入られたんか知らんがそうゆう感じ・・・。助けてっとオーナーっぽい人の方を見るとそっぽ向かれました・・・あんのやろぉ・・・って思いました。話を勝手に進められ、じゃ、今度日取りとか連絡しますから。とか言って去ってくおじ様。ちょ、まて(´Д`;)
オーナーっぽい人は『頑張って(苦笑)』とか言いながらそそくさと帰路にたちました・・・。

ちょ、まてや・・・(´Д`;)僕かて僕の選びたい道とかあるし・・・。
僕も家に帰り、両親にそのことを伝えると、『あら、そうなん。あんたの勝手にしーやー。私らには関係ないしー。』とか言われました。なんていい加減な親だゝ(`Д´#)ノ
そんなわけで断ることに失敗し、今度見合いをすることになってしまいました・・・。
なんか見合いぶち壊す出来事ないやろか・・・ほんまHLEPです・・・。
まじ、助けて・・・・・・。

[PR]
by kyohei1987 | 2005-12-06 15:18 | 日常
<< うはwwwwwwおkkkkkk... っひょー(゚∀゚)!! >>



メッセアド:kyohei1987@msnドットcom
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31